Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboard を Mac で使う

先日, Sculpt Ergonomic Desktop の US 配列を個人輸入した. Mac で使うにあたっていくつか設定をしたのでメモ.

環境

  • OS X Mavericks v10.9.3

設定内容

システム環境設定からの設定

  1. Caps Lock を Control に変更
    • Control が A の左にあったほうが便利なので変更.
  2. Option を Command に変更
  3. Command を Option に変更
    • Mac の US 配列と同じ並びにするために交換.

KeyRemap4MacBook からの設定

  1. 左右の Command に[英数/かな]を割り当て
    • For Japanese タブ -> 左右のコマンドキーを「英数/かな」としても使う -> コマンドキーの動作を優先モードにチェック
  2. Application を Option に変更
    • Mac の US 配列と同じ並びにするために変更.
  3. Insert を Fn に変更
    • Sculpt Ergonomic Keyboard では Fn キーがスライドスイッチになっていて不便だったので変更.

上記 2. 3. の設定のために private.xml に以下のように記述した.

<?xml version="1.0"?>
<root>
  <item>
    <name>Application to Option</name>
    <identifier>private.app_to_option</identifier>
    <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::PC_APPLICATION, KeyCode::OPTION_R</autogen>
  </item>
  <item>
    <name>Help to Fn</name>
    <identifier>private.help_to_fn</identifier>
    <autogen>__KeyToKey__ KeyCode::HELP, KeyCode::FN</autogen>
  </item>
</root>

マウスは Magic Trackpad の方が便利なので現状使っていない.